カテゴリー別アーカイブ: Linux

フロントエンドの開発でファイルプロトコル(file://…)ではなくHttpプロトコル(http://)を使う


※ローカルにApacheを立ててバーチャルホストを作って云々という話ではありません。


背景

フロントエンドの開発において、htmlファイルをサクッとブラウザで開けば(file://…)、Javascript, css が動くというのはとてもメリットだと思うのですが、実際にサーバにアップロードしてアクセスするときにはほぼ100% Httpプロトコル(http://)でアクセスすると思います。そういった環境をローカル開発でも使うといいと思います。

file://hoge/fuga/index.html」などをブラウザ確認するとファイル内で imgタグ, scriptタグ, linkタグ などは以下のように 相対パス で書くことになると思うのですが、それをサーバにアップする時に 絶対パス に直すということをしている人は多いと思います。

<img src="img/hoge.png">
<link rel="stylesheet" href="css/hoge.css" />
<script src="js/hoge.js"></script>

その際、いちいち変換するのは面倒くさいので、pythonやrubyで動かせる簡易Webサーバを立ち上げてHttpプロトコル(http://…)で開発をしましょうという話です!

前提条件

  • Python or Rubyがインストールされているマシンを用意する(Macなら大丈夫。windowsはpythonとか入っていても起動できるかは謎)

  • ファイル構成

/tmp/workspace/
├── index.html
└── js/
    └── app.js
<html>
<head></head>
<body>
<h1>テストページ</h1>
<script src="/js/app.js"></script>     <!-- 絶対パスapp.jsを指定している -->
</body>
</html>

Pythonを使った例

ドキュメントルートとなるディレクトリへ移動する
$ cd /tmp/workspace

Webサーバを立ち上げる(3000はポート番号なので開いているPortなら何番でもOK)
$ python -m SimpleHTTPServer 3000

ブラウザを立ち上げて http://localhost:3000 へアクセスすると index.html が表示されます!

Rubyを使った例

ドキュメントルートとなるディレクトリへ移動する
$ cd /tmp/workspace

Webサーバを立ち上げる(3000はポート番号なので開いているPortなら何番でもOK)
$ ruby -run -e httpd . -p 3000

ブラウザを立ち上げて http://localhost:3000 へアクセスすると index.html が表示されます!

PHPを使った例

ドキュメントルートとなるディレクトリへ移動する
$ cd /tmp/workspace

Webサーバを立ち上げる(3000はポート番号なので開いているPortなら何番でもOK)
$ php -S localhost:3000

ブラウザを立ち上げて http://localhost:3000 へアクセスすると index.html が表示されます!

さらなるTips

Python、Rubyの場合は デフォルトの index.html がない状態でフォルダ指定してアクセスすると、DirectoryIndexが表示されファイルリストを見ることができます。
今回の場合は以下のように js フォルダにアクセスすると

http://localhost:3000/js

以下の様な画面が出力されます。(Rubyを使った場合)

Ruby-webrick-directoryindex

参考サイト

ワンライナーWebサーバを集めてみた -Qiita

空のディレクトリをgit管理下に入れるワンライナー(empty directories)


背景

chefを利用する機会が増えてきて汎用的な社内クックブックを作る状況が増えてきた昨今、

knife コマンドでクックブックをジェネレートするコマンドを実行すると

$ knife cookbook create COOKBOOK_NAME -o site-cook-books

バババっと以下のように基本的なディレクトリ構成で出力されるが、幾つか のディレクトリがある。

COOKBOOK_NAME
├── CHANGELOG.md
├── README.md
├── attributes
├── definitions
├── files
│   └── default
├── libraries
├── metadata.rb
├── providers
├── recipes
│   └── default.rb
├── resources
└── templates
    └── default
        └── sudoers.erb
attributes/, definitions/, files/default/, libraries/, proiders/, resources/ がそれぞれ空のディレクトリになっている

gitは空のディレクトリを管理下に置けないので、Railsに習って .keep という空ファイルを置くことにした。
(全てのリポジトリでディレクトリ構成の見た目を変えたくなかったので空のディレクトリもgit管理下に置くことにした。)


空のディレクトリに.keepを作るシェルのワンライナー

参考:
find/xargsを使った検索に便利なコマンド一覧

findで空のディレクトリを検索して、空のディレクトリに対して.keepという空ファイルをtouchで作成する。
Redhat系とUNIX(BSD)系では使えるオプションが違うようなので以下の用プラットフォームに合わせて実行する。

  • Redhat系
    -i オプションを指定することで ‘{}’で xargsに渡される値を取得できる
$ find . -type d -empty -print0 |xargs -0 -i touch '{}'/.keep
  • Unix系(MacOS)
    -Iオプションで % という文字列を xargsに渡される値として参照できるようにする
$ find . -type d -empty -print0 |xargs -0 -I % touch %/.keep

シェルのreadlineについて改めて調べてみた


ターミナルで作業していると、よくカーソルを行頭・行末へ一気に移動したいとか
入力した文字列をコピーしておきたいとか。。。などなど、色々やりたくなります。

そこで、、、readline だ!!!ということで色々とショートカットを調べてみました。

よく利用するショートカット達

C-a  行頭へ
C-e  行末へ
C-j  改行

C-b  一文字戻る
C-f  一文字進む

C-h  Backspace
C-d  delete

C-k  現在のカーソルから行末までをyank
C-u  現在のカーソルから行頭までをyank
C-w  単語単位でバックスペースでyankする
C-y  ペースト

C-l  画面をクリア

C-p  コマンドヒストリを戻る
C-n  コマンドヒストリを進める

C-r  コマンドヒストリをインクリメントサーチ(向きバック)
C-s  コマンドヒストリをインクリメントサーチ(向きフォワード)

注意)

  • man readline でその他のコマンドが調べられます。
  • 自分はzshの環境を使って実際に動かして試したので、各々の環境で少し違う点が出てくるかもしれません。

[Linux CentOS]CentOS6.4でネットワーク周りのTips


まずは・・・

CentOS5系列とはちょっと違う点がいくつかあったので備忘録のために、ネットワーク周りで気になったことをまとめてみます。
意外と違う部分があったのでちょいハマりした。。。

DNS resolveの設定について(参照キャッシュDNSサーバの設定)

Redhat系のLinuxのCentOSなどはこれまで「/etc/resolve.conf」に「nameserver」を定義することで設定できていた。6.4では定義することで有効になるけど、OSを再起動するなどネットワークが再起動するときにresolve.confに書いた内容が消えてしまうという現象が発生した。

【解決方法】
ネットワークインターフェース(ifcfg-eth0など)の設定ファイルににDNSキャッシュサーバの定義を追加すれば良い

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
  [以下を追記]
  DNS1=**.**.**.**
  DNS2=**.**.**.**

上記の定義を入れることで、「/etc/resolve.conf」にも「nameserver」の項目が追加され上記IPアドレスが設定される


NetworkManagerについて

CentOS6系列ではデフォルトでNetworkManagerというプロセスが動いているようです。(インストール時にX-windowパッケージに付随してインストールされるようです)
このプロセスはifcfg-eth0の定義を変更する場合など変更を検知して、動的に設定反映するデーモンです。
またKVMでゲストOSをネットワークブリッジで利用する場合、このデーモンが動いていると制御できないようです。
http://www.02.246.ne.jp/~torutk/linux/centos6/installmemo.html

そういった理由からNetworkManagerは停止しました!(自動起動も停止)

# /etc/init.d/NetworkManager stop
# chkconfig --level 2345 NetworkManager off

番外編(ネットワーク周りのコマンド)

  • ifup
    インターフェースを個別に有効にするコマンド。以下のようにするとeth1のインターフェースが有効になる
# ifup ifcfg-eth1
  • ifconfig
    ネットワークインターフェースごとのIPなどの情報を確認するコマンド

  • ping
    ネットワークの疎通を確認するコマンド

 ping **.**.**.**
  • arp
    -a オプションと同時に使用して、IPアドレスに対応するMacアドレスを確認するために利用

サーバの設定をしていてサーバがDHCPなどに意図せず変更されてしまった場合にリモートアクセスするためにはIPを調査して特定しなければならない。

ネットワーク上でどのIPが有効かを調べるためのスクリプトを以下のようなPerlで書いた。
単純にpingをネットワークのIP全てに対して一度叩くスクリプトです。
このスクリプト実行後に「arp -a」を実行することで対応するIPとMacアドレスの一覧が見られます。この対応があるIPが現在のネットワークで有効なIPアドレスとなります。

#!/usr/bin/env perl
use strict;
use warnings;

for my $n (1..255) {
    print $n."\n";
    system 'ping -c 1 -t 1 192.168.100.'.$n;
}

きょうはここまで・・!