カテゴリー別アーカイブ: node.js

node.js-0.6をWindowsのネイティブ環境へインストール


node.jsを使うことになりました。。

node.js-0.6以降からCygwinではなくWindowsのネイティブ環境へインストールできるようになったみたいだからwindowsネイティブ環境へインストールしたさぁ。。nodeと共にパッケージ管理のnpmまでのインストールを行います。

 

 

node.jsのインストール

以下のサイトから「node-v0.6.3.msi」ファイルをダウンロードし、実行する。

http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/docs/v0.6/ ->「node-v0.6.3.msi Windows インストーラ」リンク

インストーラを実行すると「C:\Program Files\nodejs」 にインストールされ、Pathが通るはず。

これでnode.jsのインストールは完了。

 

node.jsのインストール確認

>node -v
v0.6.3

>node
> 1+2
3

バージョンの表示とnodeのプロンプトが表示され足し算を試してみた。

 

パッケージ管理npmのインストール

~公式インストール手順(http://npmjs.org/doc/README.html

 

以下のサイトにもある手順でnpmをインストールすると 「npm-v1.0.106」(2011/11/27現在)がインストールできる。

【node.jsとnpmがwindowsでも扱えるようになった】
http://d.hatena.ne.jp/nishikawasasaki/20111112/1321062277

しかし、バグがあるようでnpmでexpressなどのパッケージをインストールしようとするとエラーが出る。

 ##npm-v1.0.106でexpressをインストールした場合、以下のエラーとなる
>npm install -g express
npm ERR! cb() never called!
npm ERR!
npm not ok

【参考】
http://www.hacksparrow.com/install-node-js-and-npm-on-windows.html
https://github.com/isaacs/npm/issues/1733

 

上記、参考のサイトより 解決策として、npmの最新版を手動でインストールする。

ダウンロード(npm-1.1.0-alpha-2を入れた)  http://npmjs.org/dist/

ダウンロードしたファイルを解凍し、できた以下の4つのファイル、ディレクトリを node.jsのインストールディレクトリ (C:\Program Files\nodejs) にコピーする。

  • npm.cmd
  • npm_g.cmd
  • npm-g.cmd
  • node_modulesディレクトリ

 

インストール確認

##バージョン確認
>npm -v
1.1.0-alpha-2

##パッケージをインストールするには (-g オプションをつけるとグローバル領域にインストール) 
>npm install [パッケージ名]

##カレントディレクトリにインストールされているパッケージの確認 (-g オプションをつけるとグローバルにインストールされたものを確認)
>npm ls