カテゴリー別アーカイブ: ゲーム開発

第1回 関西Unity勉強会


リファレンスマニュアルについて。。
UnityのリファレンスはUnityをインストールしたディレクトリにある。それを参考にできる。
その際、サンプルコードはドロップダウンから言語ごとに調べることが出来る!

ゲームを作るに当たりGUIがとても重要

  1. レスポンス
  2. 統一された配置 常にOKボタンは右下に表示するなど
UnityのGUIは毎フレーム表示される。
Updateメソッドと同じようにonGUIメソッドも毎フレーム呼ばれる。
ーー
通常onGUIメソッドで画面に描画するGUIのオブジェクトの宣言と動作を同時に定義する。
onGUI()メソッドは1フレームで2回以上呼ばれるところがある(レンダリングとイベントハンドリング時に呼ばれる)
onGUI()メソッド内ではif文などでボタンクリックした時の処理などを入れていく。ボタン以外の時はこのボタン処理はスキップされる。以下のように定義と処理を同時に書く。
if (GUI.Button(new Rect(100, 110, 200, 30), “Button”)) {
   クリック時の処理
   clickCount++;
   Debug.Log(“Click Button” + clickCount);
}
ーー
VisualStadioとかを使う事もできるが、MonoEditorでしかデバッグは動かない。
[ExecuteInEditMode()] をクラス名の頭につけると、GUIのレンダリングイメージが表示される。
ーー
ボタンなどスキンで一括してスタイルを変更できる。
デフォルトのスキンを変えると、依存しているボタン全てが変わってしますので、カスタムスキンを定義する。
  • 解像度の違う端末に応じてスキンを定義しゲームの中で変更する。
  • ローカライズをする場合も日本語のスキン、英語のスキンなどを用意し、変更する。
ーー
ゲーム中にも日本語文字列を入れるのはちょっと一苦労のようだ。UTF-16のフォントのリソースファイルを用意して、そのリソースファイルを参照するようにする。
日本語フォントを使う方法について調べる。
ライブラリについて
NGUI GUIをライブラリにしている。通常の使い方とは違う。
ex2D Unityの2Dゲームツール。
資料へのリンク
ゲームを作るときの心得的な
ゲームを作った時に、まずはゲームオーバーを作ろう!!
ゲームループを作る。。
 Updateメソッド単位が小ループ!
SMASH.TVというゲームがおもしろいい