カテゴリー別アーカイブ: アジャイル

情熱プログラマーを改めて読み返してみました


3年前に購入した情熱プログラマーを今日改めて読み返してみました!やっぱりこの本は僕の原点となる本です!!
自分の考えていることであったり、大事にしていることが全て網羅されている用な感じです。

プログラマだけにとどまらず、非プログラマの人もとても参考になるところはあると思います。単純なHowTo本ではなく、プログラマとして、社会人として、仕事への取り組み方をとても分かりやすく語り口調で書かれています。監訳者の方が素晴らしいのかもしれないですが。。。

また、最後の項が「楽しもう」というタイトルとなっている所が粋ですねー。
単純にモチベーションが上がったなーー!! 作ること、プログラミングすることをこれからも楽しんでやっていきたい!!

[読んだー]ピープルウエア 第2版 - ヤル気こそプロジェクト成功の鍵


 

ピープルウエア第2版、読みました。


http://booklog.jp/item/1/4822281108

 

  • レビュー
その名の通りシステム開発の現場を人に焦点を当てた管理や手法に関する内容だった。働く環境や働く人のメンタルなどとても参考になった。
良いチームを作るというところで、

「チーム編成の目的は目標の達成ではなく、目標に向かって一体

になることである。」という内容の一文があったが、これにはとても共感できた。

作業という一つのタスクは、基本的に一人でやるものだけど、
一人にはないチームで働く事の意味はこのことだと思う。

近くに同じモチベーションの人がいることで、いろんな意味で相乗効果が生まれると思う。 いいことばかりではないとも思うが。。。

 

 

 

XP祭関西2012の自分なりのまとめ


先日の2012/4/7にXP祭関西2012へ参加してきた!そのまとめとなります。

XP祭関西2012 ~技術指向で行こう!~
Togetter

アジャイルやXPなどその辺りの本を最初に読み始めたのがちょうど1年半くらい前かな。。それから色々とWebや本などで使われている用語やキーワードなどは理解しはじめてきているかなぁぁと思う。しかし、登壇されているスクラムマスターの方の話を聞くとすごいなぁと。。。

今回の勉強会では初めてXmindを使ってメモを取ってみた。いやーXmindはあんまり使い心地がよくないです。。すぐ落ちるのは自分だけか。。?今度はiMindMapのフリー版でやってみるか!?他にもいいマインドマップツールはあるのかなぁ?!フリーで♪

では、内容へ!一つ目から

「PIVOTALとSCALAとRUBY ON RAILS」川端 光義氏 /アジャイルウェア 代表

PivotalとScalaについては主に実例の話でした。そのなかでもPivotalTrackerはとてもわかりやすいXPのツールでいいと思いました!!基本的に画面遷移もなくストーリ(チケット)の一覧が見れたり、登録できたりします。んで無料会員登録して使っています。しかし、60日で期限が切れる。。。やっぱりお金を払わないといけないか。こういうものを勉強がてら作ってみようか。。XPの勉強とプログラミングの勉強2つができる!とりあえずチケット管理の部分のみを作るとかしてみようかな。あっそれを作るためにタスク管理をPivotalでやるとか

あとはRubyのデモをやってもらいました。モデルのスケルトン生成から音楽ファイルのアップロードで再生するまでの内容でした。

簡単なようにでしたが、いろいろ内容が詰まっていました。小さく小さく作る、それぞれのモデルを作ってからリレーションを張る など

 

 

「大規模なゲーム開発をスクラムで」田口 昌宏氏 /株式会社ディンプス

ゲーム開発の現場でスクラムを導入した時の事例でした。Webのソーシャルゲームなどは現場も少し見たりはしてきましたが、某有名な格闘ゲームが作られていく様子をめちゃくちゃ詳しく解説して頂きました。ゲームプログラミングってやった事無いですが、やってみたいと思いました。印象的だったのが「ゲーム開発でのテストの書き方を教えて下さい」と言っていたところですねー。やっぱりゲーム開発はインタラクティブな動きが多いので期待値を評価するテストを書くのは難しいのかなぁという感じでした。

 

 

「継続的インテグレーション環境を作れ!(JENKINS編)」神谷 厚輝氏 /株式会社ブレイン

主にJenkinsの導入事例についてでした。やはりJenkinsすごいなーという感じがします。Jenkinsを覚えるのは簡単!Jenkinsを使いこなすのは簡単!

ただ、Jenkinsを使うためにShellスクリプトを書くことやJavaだとAntやMaven、Junitなどその他、Jenkinsにお任せするタスクを設定するために事前知識が必要だ!とおっしゃっていてまさにそのとおりだなと思います。自分自身はまずテスト駆動を意識して行きたいと思いました。テストをきちんと書けるようになりたい!!!!!

継続的インテグレーションJenkins

 

 

以上です。こういうものに参加すると知らなかったことを幾つも気づけるし、刺激になるのでいいですねーということと、自分自身も早くちゃんと仕事につかないといけないのかなぁとかも思いました。まぁまだやりたい用にできる年齢かなとも言えるので、もっとやりたいようにやっていこう。と言いつつ、

プログラムをもっと効率良く綺麗に、そしてスピード感をもっと書けるようになりたい!!