Mac で Ruby環境構築(rbenv でのインストールから rbenv-gemset )


【追記】 2014/03/17

rbenv-aliases というrbenvのプラグインを入れておくと、 .ruby-version で指定するときに ruby2.0.0p… などの p… 以降を指定せずに 2.0.0 などで指定しておけば p… 以降はよしなに判断して最新のものを適用してくれる。

【追記】2013/12/18

‘-k (–keep)’ オプションを使うことでrbenv配下のディレクトリにRuby本体のソースもダウンロードしてくれる。
そして、pry-docをインストールするとpry上からRubyのソース(C実装)を確認できる。
pry-docでカジュアルにRubyのソースコードを読む

% RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --with-openssl-dir=`brew --prefix openssl`" rbenv install -k 2.0.0-p353

【追記】 2013/05/23

Ruby2.0 以上をrbenv + ruby-buildでビルドするときに日本語環境とSSL環境を有効にする方法。
1.9までは「CONFIGURE_OPTS」だったのに「RUBY_CONFIGURE_OPTS」という環境変数で指定してあげないとダメみたい。

% RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install 2.0.0-p195 

参考:MacにRubyをインストールする時のメモ


以前に書いた記事でも
Ruby環境構築(Mac rbenv編)
rbenvによる環境構築を書いたのですが、新たにマシンをセットアップするということで改めてまとめてみました。
OSは Mountain Lion です!!

rbenvなどのインストールからちょっと中断まで

基本的な流れは以前の記事と同じです。

% brew install rbenv
% brew install ruby-build
% eval "$(rbenv init -)" >> ~/.zshenv

% brew install openssl
% brew install readline 

## 以前は成功した、「brew link」コマンド何故か以下のWarning。。。
% brew link openssl
Warning: openssl is keg-only and must be linked with --force
Note that doing so can interfere with building software.

% brew link readline
Warning: readline is keg-only and must be linked with --force
Note that doing so can interfere with building software.

「brew link」ではreadline, opensslを /usr/local/bin にリンクを張るために行なっているのですが、「keg-only」のWarningが出てしまう。「–force」を使えばLinkは通るけど「brew doctor」ではまたWarningが出る。

homebrewについてはこのへん参考
一旦保留ということにしておこう。


rbenvでRubyをインストール

【参考】
* rbenvでのビルドに再挑戦(成功)
* rbenv & ruby-build の使い方メモ

上記で「brew link」ができなかったので明示的に「brew –prefix FORMULA」でパスを指定してインストールする。

しかし、またまたエラー。。。GCC周りがおかしいようです。AppleはGCCの仕様が変わってコンパイルできなくなることが多いなー。。

% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install 1.9.3-p286

Downloading yaml-0.1.4.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/36c852831d02cf90508c29852361d01b
Installing yaml-0.1.4...
Installed yaml-0.1.4 to /Users/takaesu-m/.rbenv/versions/1.9.3-p286

Downloading ruby-1.9.3-p286.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/e2469b55c2a3d0d643097d47fe4984bb
Installing ruby-1.9.3-p286...

BUILD FAILED

Inspect or clean up the working tree at /var/folders/yx/11hj2qx50z56bw5dx05_ggvm0000gn/T/ruby-build.20130211111658.95876
Results logged to /var/folders/yx/11hj2qx50z56bw5dx05_ggvm0000gn/T/ruby-build.20130211111658.95876.log

Last 10 log lines:
compiling regenc.c
compiling regerror.c
compiling regexec.c
compiling regparse.c
regparse.c:582:15: error: implicit conversion loses integer precision: 'st_index_t' (aka 'unsigned long') to 'int' [-Werror,-Wshorten-64-to-32]
    return t->num_entries;
    ~~~~~~ ~~~^~~~~~~~~~~
1 error generated.
make: *** [regparse.o] Error 1
make: *** Waiting for unfinished jobs....
  34.95s user 13.27s system 102% cpu 47.008 total

ググってみるとこの記事を発見。ページ下部の部分に参考になる内容が!!
Cannot compile ruby 1.9.3

Ruby環境 rbenv mac

「brew tap」コマンドはhomebrew に参照するリポジトリを追加するものです。
この内容でやっていることは

  1. berwをアップデート
  2. 「homebrew/dups」をhomebrewで参照するリポジトリとして追加
  3. 「apple-gcc42」をインストール。
  4. 「apple-gcc42」を環境変数の CC としてExport
  5. brewを使ってrubyをインストール

4番目のExportまで行ったら、再度以下のコマンドでRubyをインストール

% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install 1.9.3-p286

無事インストール出来ました!!

なお、「rbenv install」の前にCONFIGURE_OPTSをつけるのはMacOSXのみのようです。
brew linkができていたら、readlineやopensslを個別に指定しなくても、以下のようにできるようです。

CONFIGURE_OPTS="--with-opt-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.3-p286  

rbenv-gemsetの設定

インストールなど
% brew install rbenv-gemset
所定のディレクトリで試してみる
% cd ~/workspace

rbenv gemset create [version] [gemset名] でgemsetを作成
% rbenv gemset create 1.9.3-p286 commands

gemsets作成確認
% rbenv gemset list
1.9.3-p286:
  commands

この設定で以下のディレクトリにgemsetができる
% ls -l ~/.rbenv/versions/1.9.3-p385/gemsets
total 0
drwxr-xr-x  7 takaesu-m  staff  238  3 12 11:27 commands

gemsetsを利用するため「.rbenv-gemsets」を作成する(内容は commands と使用したいgemset名を入れる)
該当ディレクトリより下位はcommandsというgemsetsを利用する
% echo commands > .rbenv-gemset

アクティブなを確認する
% rbenv gemset active
commands

mechanizeというgemをインストールしてみる
% gem install mechanize

gemインストール確認
% gem list
*** LOCAL GEMS ***

domain_name (0.5.7)
mechanize (2.5.1)
mime-types (1.21)
net-http-digest_auth (1.2.1)
net-http-persistent (2.8)
nokogiri (1.5.6)
ntlm-http (0.1.1)
rbenv-rehash (0.3)
unf (0.0.5)
unf_ext (0.0.6)
webrobots (0.1.0)

これでひと通り
rbenv + rbenv-gemset の インストール手順完了です。

関係のない一言

  • 「rbenv local」便利らしい!!

【FaceBookでコメント】

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です