[git]タグの打ち方・消し方


githubを使ってソースを管理している時にあるタイミングでタグを打ちたいと思うことってありますよねー。僕はあリます。
ということで、中々タグを打つ機会ってないので、調べてみました!!

タグの打ち方

以下のようにtestという名前でタグを作ります

% git tag -a test -m "create test tag"

タグの確認

以下のようにすると現在のタグを確認することができます。

% git tag
test

作ったタグをリモートgitサーバへ転送する(githubなど)

リモートサーバ側にもtagを作成することができます。

% git push --tags
Counting objects: 1, done.
Writing objects: 100% (1/1), 162 bytes, done.
Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/yusabana/pratter.git
 * [new tag]         test -> test

タグのチェックアウト

作成したタグをチェックアウトしたりする。

単純にチェックアウトしてタグの中身を見る
この場合、ブランチは no branch 状態になる

% git checkout tags/test


tag から branch を生成してチェックアウトする
testタグからtest-branchというブランチを生成する

% git checkout -b test-branch tags/test

タグを削除する

ローカルからtagを削除するには以下のようにする

% git tag -d test

ローカルでtagを削除した状態でpushするとリモートにあるタグも削除することが出来る

% git push origin :test
To https://github.com/yusabana/pratter.git
 - [deleted]         test

タグを確認する

リモートにあるタグを一覧する

git ls-remote --tags

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です