Ruby環境構築(Mac rbenv編)


これまではrubyのバージョン管理といえばrvmだったと思います。自分も以前はrvmでいれていました。

そのあとrubyを全然使っていなかったからきにしていなかったけど、

この度、Lokka というブログ用のCMSツールを入れようということでちょっと話題のrbenvでRubyを管理してみようと思いました。ちょっとそのログです。

【參考】

http://blog.twiwt.org/e/66a1d0
http://qiita.com/items/9dd797f42e7bea674705(開発版などをインストールするなど、とても参考になるリンク)

これも参考になる(readline, opensslなどのリンクはない)
http://pplog.org/?p=2155

Mountain lion 用の参考サイト
http://qiita.com/items/a60886152a4c99ce1017

 

  • インストールは以下のコマンドで一発
% brew install rbenv
% brew install ruby-build

  • シェルの初期化ファイルに(.zshrc, .bashrcなど)以下を記載する

    自分は.zshenvに記述しました。

% eval "$(rbenv init -)"

  • readline(irbでの日本語化)を入れてインストールするといいみたい。ちょっとこの辺わからない。。
% brew install readline openssl
% brew link readline
% brew link openssl

  • ここでインストール

% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.2-p290

おぉってなんかGCC関連でエラーが。。。Xcodeも入れているのにGCCもパス通っているのに。。なぜ?

ここをみるとGCCが変わったとのことです。

しかし、Xcodeのコマンドラインエディションを入れていればインストールできている人が多くいますが、k自分の場合はXcodeもいれ、Xcodeコマンドラインエディションを入れてもダメでした。

以下のリンクからGCCのインストーラをダウンロードしてインストールする。

https://github.com/kennethreitz/osx-gcc-installer/downloads

これでインストールできたーー1.9.2と1.9.3を入れてみよう


% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.2-p290
% CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.3-p125
% rbenv rehash

インストール後はrbenv rehash というコマンドを打つのが必須みたい。railsのようなコマンドを含むgemを入れた場合も同様。

rbenv rehash は ~/.rbenv/shims というディレクトリに ruby 自体や gem でインストールした実行ファイルを起動するための実行ファイルを作ってくれる。

% gem install rbenv-rehash
% <strong><span style="color: #ff6600;">各バージョンでインストール</span></strong>しておくとrbenv rehash を打たなくてもいいみたい。

 

不要になったrubyを削除するには普通にファイルを消す


% rm -rf ~/.rbenv/versions/1.9.3-p125

 

その他のコマンドは以下を參考に。

http://blog.twiwt.org/e/66a1d0

rbenvでインストールした 1.9.2-p290を使用する
% rbenv global 1.9.2-p290

システムのRubyに戻す
% rbenv global system

【FaceBookでコメント】

comments

Powered by Facebook Comments

Ruby環境構築(Mac rbenv編)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です