node.jsのバージョン管理マネージャー「nodebrew」


これまではNVMを基本的に使用していました。しかし、NVMは bash をベースに作られているため zsh と相性が悪いという風の噂を聞きました。そのためmacをクリーンインストールするついでにバージョン管理マネージャーをかえてみました。 「nodebrew」を使ってみまーす。

% curl https://raw.github.com/hokaccha/nodebrew/master/nodebrew | perl - setup

基本的に上記のように一つのコマンドでインストールできます。要は「curl」と「perl」があれば導入することできます。使い方もnvmなどと特に違いはありません。

ヘルプを実行してみます。

% nodebrew help
nodebrew 0.5.0

Usage:
    nodebrew help                    Show this message
    nodebrew install <version>       Download and install a <version>
    nodebrew uninstall <version>     Uninstall a version
    nodebrew use <version>           Use <version>
    nodebrew list                    List installed versions
    nodebrew ls                      Alias for `list`
    nodebrew ls-remote               List remote versions
    nodebrew ls-all                  List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <version>   Set alias to version
    nodebrew unalias <key>           Remove alias
    nodebrew clean <version> | all   Remove source file
    nodebrew selfupdate              Update nodebrew

Example:
    nodebrew install v0.6.0     Install a specific version number
    nodebrew use v0.6.0         Use a specific version number

上記のようにほぼ使い方はnvmと変わりません。簡単ですねー!しかも動作も軽いような雰囲気?!これは自分の感覚値なのでなんとも言えません。今後はこれで行こう!!

そして、.bashrc(bash起動設定) や .zshrc(zsh起動設定)に以下を記載すればターミナル起動時にnodebrewが使えます。

# nodebrewの設定
 if [[ -f ~/.nodebrew/nodebrew ]]; then
 export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH #Pathの設定
 nodebrew use v0.6.10 #defaultバージョンの指定
fi

 

 

参考リンク
http://d.hatena.ne.jp/Jxck/20120224/1330035058
github nodebrew

【FaceBookでコメント】

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です