git でaddしたファイルをキャンセルする方法


 

gitでコミットするファイルが多数あり、その中の一部のファイル(環境設定など)はこのコミットでは対象外にしたいファイルを指定したいときにいい方法がないかなと思っていた時に見つけたやり方です。

最初にすべてのファイルをaddする。

$ git add .

次に対象外にしたいファイルを以下のように指定する。

$ git reset HEAD [ファイル名]

その状態でコミット。

$ git commit -m 'commitします'

こうすることで一部のファイルを対象外にしてコミットすることができます。
一つ一つコミットするファイルを指定していけばできる事ですが、コミットするファイルが多くあり、一部ファイルを除きたいときには使えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です