windowsのコマンドライン環境を整える


 

 

普通にコマンドプロンプト(cmd.exe)は使いにくいCLI環境だと思います。今回はそれを少しカスタマイズしてみようと思います!!

 

 

 

 

 

 

CKWとNYACUSのインストール

【参考】http://blog.blueblack.net/item_358

CKW・・・

ウインドウの最大化などコマンドプロンプトを拡張したツール!以下のサイトから「ckw-0.8.10-mod2-bin.zip」をダウンロードする。

http://d.hatena.ne.jp/hideden/20071123/1195822428

zipを解凍すると以下のファイルが出力される。ckw.exeを実行すればコマンドラインが起動する。
ckw.cfg(設定ファイル)
ckw.exe(実行ファイル)
ckw-mod_readme.txt

できたファイルは任意のディレクトリに置く!ここでは「%HOMEPATH%\bin」としてディレクトリを作成しその中に入れることにした。先に環境変数の設定を行い、「%HOMEPATH%\bin」へPATHを通す。

 

設定は以下の通りにしています!!

「Ckw*exec:」 の項目はデフォルトで「cmd.exe」が開くように設定されていますが、次にインストールするnyacus.exeを指定しています。

!
! ckw setting
!

Ckw*foreground: #CCCCCC
Ckw*background: #333333
Ckw*cursorColor: #90EE90
Ckw*cursorImeColor:  #FFB6C1
Ckw*backgroundBitmap: ckw_background.bmp

Ckw*title: ckw[nyacus]
Ckw*exec:  nyacus.exe
Ckw*chdir: c:\

Ckw*scrollHide:  no
Ckw*scrollRight: yes
Ckw*internalBorder: 3
Ckw*lineSpace: 0
Ckw*topmost: no
Ckw*transp: 220
Ckw*transpColor: #000000

Ckw*font: MS Gothic
Ckw*fontSize: 12

Ckw*geometry:  80x26
Ckw*saveLines: 500

Ckw*color0:  #333333
Ckw*color1:  #4682B4
Ckw*color2:  #90EE90
Ckw*color3:  #00BFFF
Ckw*color4:  #FF00FF
Ckw*color5:  #FF8080
Ckw*color6:  #FFFF00
Ckw*color7:  #CCCCCC

Ckw*color8:  #333333
Ckw*color9:  #4682B4
Ckw*color10: #90EE90
Ckw*color11: #00BFFF
Ckw*color12: #FF00FF
Ckw*color13: #FF8080
Ckw*color14: #FFFF00
Ckw*color15: #CCCCCC

 

NYACUS・・・

UNIXライクなコマンドラインが使えるようになる。lsコマンドが使用できるようにり、もtabキーを押すことでコマンドラインの操作にコードを補完する機能がある。

以下のサイトからnyacus-2.31_3.zipをダウンロードする。

http://www.nyaos.org/index.cgi?p=NYAOS+2.x+%28J%29

解凍すると以下のファイルが出力される。(ckwの設定ファイルで「Ckw*exec:」に「nyacus.exe」を読み込むように設定しているのでckwと同じ「%HOMEPATH%\bin」に以下3ファイルを保存する)
_nya
nyacus.exe
nyacus.txt

ここまでで使えるはず!!ファイル名を指定して実行などでckw.exeを実行すると半透明のコマンドラインインターフェースが出現する。不通に使っていけば通常のコマンドプロンプトよりもだいぶ使いやすいと感じるかな!!タブの補完が素晴らしい♪

 

 

Windows環境でMsysGitを使用してUNIXコマンドを使用

以下のサイトからGitのファイルをダウンロード(現時点での最新版:Git-1.7.7.1-preview20111027.exe

http://code.google.com/p/msysgit/downloads/list

 

普通にインストーラから起動してインストール処理を完了する。C:\Program Files\Git\にインストールする)

インストールする際GitBushもインストールする。このGitBashがとても使える!!GitBashではほぼLinuxと同じコマンドが使えます。主要なコマンドはすべてあるように感じます。

GitBushのUNIXスライクなコマンド をWindowsのckwでも使えるようにする。

「C:\Program Files\Git\bin」のディレクトリにはdiff.exe,curl.exeファイルなどPathを通したら使えるかもしれないファイルがたくさん存在する。それらを明示的に指定して実行するコマンドファイルを作成する。「C:\Program Files\Git\cmd」に必要なコマンドのファイルを設置する。(例としてdiff.cmdを作り以下の内容を記述する)これでWindowsのCLIでdiffコマンドが使えるようになる。

「C:\Program Files\Git\cmd」に環境変数のPathが通っていることが前提

 

@rem Do not use "echo off" to not affect any child calls.
@setlocal

@rem Get the abolute path to the parent directory, which is assumed to be the
@rem Git installation root.
@for /F "delims=" %%I in ("%~dp0..") do @set git_install_root=%%~fI
@set PATH=%git_install_root%\bin;%git_install_root%\mingw\bin;%PATH%

@if not exist "%HOME%" @set HOME=%HOMEDRIVE%%HOMEPATH%
@if not exist "%HOME%" @set HOME=%USERPROFILE%

@diff.exe %*

このスクリプトを使いまわして○○.cmdを作成し、最後のdiff.exeのところを別のコマンドの○○.exeをすることで、○○を指定してコマンドが使えるようになる!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です